fc2ブログ

韓国コラム 誹謗、暴言・呪いまで…子どもに見せられない「19禁」総選挙

いつものパターン20230530
【コラム】誹謗、暴言・呪いまで…子どもに見せられない「19禁」韓国総選挙
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.04.10 12:000 
 「いいかげんにしてほしい」。4・10総選挙の取材のために現場を訪れると必ず聞く言葉だった。全羅北道全州(チョンジュ)で会った60代の女性は「どうやって国民を助けるのかという話ではなく、けなし合いばかりしている」と語った。「今回は政策対決に焦点を合わせよう」と決心して取材に行くが、住民の冷ややかな反応にいつも苦い思いをするしかなかった。
 こうした冷たい反応は誰が招いたのか。選挙カーの前でノートブックを開いて入力するのが日常だった記者は、周囲に子どもがいないか心配になったことが少なくない。総選挙が過去最悪を越えて「19禁(19歳未満視聴禁止)」水準に転落し、遊説の場でも19禁レベルの発言が続いたからだ。発端は共に民主党の金俊ヒョク( キム・ジュンヒョク)候補(京畿道水原乙)だった。金候補は過去のユーチューブ放送で「梨花女子大生米兵性上納」「延山郡(ヨンサングン)スワッピング」などの発言をした。こうした発言が伝えられると、韓東勲(ハン・ドンフン)国民の力非常対策委員長は遊説現場で「私の口が汚れるが…」と言いながらマイクを握って金候補の発言を口にした。
 その韓委員長も変わらない。韓委員長は李在明(イ・ジェミョン)共に民主党代表、曹国(チョ・グク)祖国革新党代表に向かって「政治を犬のようにする人」(先月29日、ソウル西大門区での演説)と語った。7日の忠清北道清州(チョンジュ)での演説では、金候補を狙って「セクハラをするヤツ…」まで話して発言をやめた。
 李在明代表も同じだ。李代表は2日、ソウル銅雀区(トンジャクク)で演説中、羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)国民の力候補(ソウル銅雀乙)に向かって「ナベ」(羅卿ウォン+安倍晋三元日本首相)と表現した。民主党支持者の間で最近「ネンビ(鍋)は踏んでこそよい」という広報物が広まり「女性侮辱」という非難があったが、これを引用したのだ。鍋が女性を侮辱する隠語として使われるのを李代表は知らなかったのだろうか。
 また李代表は「4・3虐殺の後えいといえる政治集団が国民の力」(3日、済州4・3追悼式)とも話した。これに対し韓委員長は「李代表は日ベ(極右性向オンラインコミュニティー『日刊ベスト』)出身」(3日、江原道春川での演説)と返した。巨大両党の代表が同じ日に「暴言バトル」をしたのだ。
 呪いも乱舞した。尹永碩(ユン・ヨンソク)国民の力候補(慶南梁山甲)は7日の演説で「文在寅(ムン・ジェイン)を殺さなければいけない」と発言して問題になった。獄中出馬した宋永吉(ソン・ヨンギル)元議員が率いるソナム(=松の木)党は「尹錫悦大統領死刑」というあきれる公約を出した。尹錫悦大統領の「長ネギ875ウォン」発言を皮肉る長ネギ、李在明代表と配偶者金恵景(キム・ヘギョン)氏の法人カード流用疑惑を象徴する法人カードなどの投票所搬入をめぐり与野党が争ったりもした。「これだからギャグコンサート(コメディー番組)がつぶれた」というコメントが出てくるほど政治が戯画化される瞬間だった。
 与野党が激しく対立をする間、遊説の現場はますます一般有権者との距離が広がる感じだった。ノートブックのキーボードを叩きながら頭を上げてみると、青(民主党)と赤(国民の力)に服装を合わせた熱烈支持者とカメラ装備を手にした政治ユーチューバーだけが選挙カーの前に集まっていた。選挙の最終段階に入ると、騒がしい遊説後に席を立つときには習慣的に周囲を見渡すようになっていた。「子どもたちが演説場所の近くにいなかっただろうか」とチェックするためだ。まだ始まってもいない第22代国会が早くも心配だ。
チャン・ソユン記者


韓国の選挙ではいつも他候補を蔑み、罵り合うものなので

通常運転だったと思います。

韓国人は自分の優位性を見せるために、相手の劣等性を示そうとするのです。

そのため、より汚い言葉で相手を罵り、アピールしなければならないため

当然、候補者の発言は聞くに堪えられないものになるでしょう(笑)

これは韓国のお家芸なので、仕方のないことだと思います(確信)

コメント

非公開コメント

プロフィール

후쿠자와-福泽-福沢

日本や隣国の情勢を日記に書きとめています。