fc2ブログ

日米首脳会談 開催

日米首脳会談20240411
バイデン・岸田「世界のために協働する同盟」宣言
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.04.11 07:100 
 米国のバイデン大統領と日本の岸田文雄首相は10日(現地時間)、ワシントンDCで開かれた首脳会談で、米国が日本を「保護(protection)する」同盟の時代を終わらせ、世界で両国の戦略目標を達成するために協働して力を「投影(projection)」する新たな米日同盟の時代を宣言した。
 バイデン大統領は日本の首相としては9年ぶりに米国を国賓訪問した岸田首相とこの日ホワイトハウスで首脳会談を行い、このように合意した。
 これに関連して米政府高位当局者は前日の記者会見で「日本は今回の首脳会談を通じて米国の『全面的なグローバルパートナー』として重大な転換をすることになるだろう」としながら「米日関係はさらに高く、異なる水準にシフトするだろう」と明らかにした。あわせて「今回の会談で過去の同盟を締めくくり、同盟の次の時代を定義した」とし「これは外交、国防、経済などあらゆる分野の新しい標準で、日本は定数になるだろう」と説明した。
 この当局者は具体的に「今後、日本は日本周辺だけでなく欧州や中東、インド太平洋で起きることに対して、米国の『グローバル・パートナー』として関与することになる」と強調した。
 これはウクライナ戦争、イスラエル-ハマス戦争、中国の台湾侵攻などのような状況で、今後日本の自衛隊が米軍と共に参戦する道を開いたもので、日本が第2次大戦後の1947年に戦勝国米国の指針により制定された平和憲法体制から米国の容認下で戦争に参加できる「正常国家」に事実上転換するという意味だ。
 会談に先立ち、公式歓迎式でバイデン大統領は「わずか数世代前、両国は激しい葛藤を経た敵対国だったが、今や最も近い友人になった」とし「両国はこれまでになく強力な国防パートナーシップとインド太平洋を構築している」と述べた。岸田首相は「日本は米国の友人と手を携え、10年後、100年後の世界の在り方を見据え両国の関係を発展させながら、ともに世界の課題解決の先頭に立つ」とし「日米同盟の桜の絆は、今後もこの地で更に太く強くなっていくと確信している」と呼応した。
 両国はこの日の会談で約70件に達する項目に合意したと伝えられた。ホワイトハウスによると、両国はこの日武器の共同開発および生産を議論する「防衛産業政策調整会議(military industrial council)」を立ち上げることにした。この当局者は「日本の強力な産業力が米国の防衛産業生産の脆弱な部分を埋めることができる」と期待した。
 この当局者はまた「初めて日本での戦力構造を変化させ、新しく立ち上げる(陸海空自衛隊の)『統合作戦センター(joint operations center)』を最大限活用することができるようにする」と説明した。今年末に創設される日本陸海空自衛隊の統合作戦司令部と在日米軍司令部間の緊密な調整が可能になるように米日同盟の指揮構造に実質的な変化を加えるということだ。
 岸田首相は、11日には上下院合同会議で演説する予定で、同日午後にはホワイトハウスで史上初めて米国・日本・フィリピンの3国首脳会議も行う。

岸田首相、自衛隊と在日米軍の「指揮統制枠組み向上」を表明…日米首脳共同記者会見
2024/04/11 10:22 読売新聞
 【ワシントン=森藤千恵、田島大志】岸田首相は10日午後(日本時間11日未明)、米国のバイデン大統領と米ホワイトハウスで会談後、共同記者会見に臨んだ。首相は、自衛隊と在日米軍の相互運用性強化に向け「指揮統制枠組みを向上させ安全保障・防衛協力を強化する」と表明し、バイデン氏は「日米同盟の発足以来、最も重要な改良だ」と意義を強調した。
 会談は、首相と外相らに同席者を絞った30分間の少人数会合を含め、約85分間行われた。会談後には、各協力策をまとめた「未来のためのグローバル・パートナー」と題した共同声明を発表した。
 指揮統制の見直しは、陸海空自衛隊を束ねる「統合作戦司令部」が2024年度末に創設されるのに合わせた在日米軍の司令部機能の強化が柱となる。首相は「日米同盟の抑止力・対処力の一層の強化が急務だ」と指摘し、共同声明について「国際社会の平和と安定、繁栄を支え、国際秩序を維持・強化していく日米の決意を表明した」と述べた。
 バイデン氏は、日本の防衛力強化を念頭に、「日米のパートナーシップは真に地球規模に変化を遂げた。岸田首相の勇気あるリーダーシップのおかげだ」と日本側の取り組みを称賛した。日米の協力分野が拡大しているとして、「日米同盟は全世界に向けた、かがり火だ」と表現した。
 両首脳は、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた連携も確認した。首相は「北朝鮮との対話の道が開かれているとの共通認識も踏まえ、率直な意見交換を行い、日米、日米韓で緊密に連携して対応することで一致した」と説明した。
 バイデン氏は「北朝鮮との対話を始める同盟国の機会を歓迎する。首相を信頼している。首相が北朝鮮との対話を求めることは良いことだ」と述べ、支持する考えを表明した。
 米英豪が先端技術分野への日本の参加を検討すると表明した3か国の安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」を巡っては、バイデン氏は「様々な能力にわたる日米の防衛協力の新たな基準を示すものだ」とし、今後の日本の関与に期待を示した。
 一方、首相はオーカスについて、「地域の平和と安定を資することから取り組みを一貫して支持している」と評価したが、協力関係については「何か決まったものは現在はない」と述べるにとどめた。


これは日本の左派が黙っていないと思います。

日本共産党「憲法9条!!」

立憲民主党「憲法9条!!」

れいわ新選組「憲法9条!!」

コメント

非公開コメント

プロフィール

후쿠자와-福泽-福沢

日本や隣国の情勢を日記に書きとめています。