fc2ブログ

韓国 スマホに夢中になった子どもたち「黒板見えない」…小1の30%が「視力異常」

小学生近眼20240329
スマホに夢中になった子どもたち「黒板見えない」…小1の30%が「視力異常」=韓国
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.03.29 11:010 
 小学5年生の担任教師のAさんは、席を決める時、児童の視力を考慮する。児童26人のうち9人が眼鏡をかけており、他の一部の児童も「黒板がよく見えない」と言うからだ。Aさんは「席を均等に混ぜるのが公平だが、目が悪い児童は前の方に座った方が授業に集中しやすい」とし、「黒板を見る時、目をしかめている児童は手帳に別途メモしてある」と話した。
 昨年、小・中・高校生の健康診断を行った結果、10人中5人(56%)が「視力異常」に当たることが分かった。前年より0.8%ポイント高い数値だ。視力異常とは、眼鏡などで視力を矯正したり、裸眼の視力が片方でも0.7以下の場合を指す。
 28日、韓国教育部と疾病管理庁はこのような内容をまとめた「2023年学生健康検査および青少年健康行動調査」の結果を発表した。学生健康検査は標本に選ばれた1009校の小・中・高校の児童・生徒を対象にした。青少年健康行動調査は全国800校の中・高校生約6万人に喫煙・飲酒・身体活動などの現況を調べた。
 小学1年生の「視力異常」の割合は29.6%だった。10年前の2013年(25.7%)と比べて約4%ポイント高い数値だ。中1は68%、高1は75.3%に視力異常があった。スマートフォンをはじめとする電子機器の使用が増えた影響と分析される。3年ごとに調査するスマートフォン依存経験率は、昨年男子生徒24%、女子生徒32.3%で、2020年よりそれぞれ2.8%ポイント、2.3%ポイント高くなった。
◇身体活動の増加、過体重・肥満の減少
 他の健康指標は、新型コロナの終息後、全般的に回復する傾向を示した。過体重または肥満の生徒の割合は、昨年29.6%で2年連続減少した。先立って過体重・肥満生徒の比率は2019年25.8%から2021年30.8%に5%ポイント増加した経緯がある。パンデミック期間に生徒の身体活動が減り、デリバリーの食べ物など高カロリー食品の摂取が増えたためと分析される。過体重・肥満生徒の割合は都市(28.7%)より邑(ウプ)・面(ミョン)地域(34.4%)の方が高かった。
 生徒たちの身体活動も増えている。1日60分、週5日以上身体活動する割合は、昨年男子生徒24.6%、女子生徒9.2%だった。1年前よりそれぞれ1.2%ポイント、0.4%ポイント増えた。週3日以上の筋力運動(腕立て伏せ、バーベルなど)の割合も1年間で男子生徒37.7%→38.5%、女子生徒10.1%→11.7%に増えた。
 李周浩(イ・ジュホ)副首相兼教育部長官は「学校を中心に身体活動機会が多くなった結果」とし「第2次学生健康増進基本計画(2024~2028)を充実に推進する」と述べた。学生健康増進基本計画は、学校の体育活動の日常化と関連インフラの拡充、精神健康が脆弱な生徒の保護強化などの内容を含んでいる。
◇新型コロナ以降の日常回復、個人衛生にも気をつけるべき
 青少年の精神健康指標も多少改善された。この1年間、2週間ずっと憂鬱感を経験した青少年は、男性21.4%、女性30.9%で、2022年よりそれぞれ2.8%ポイント、2.6%ポイント低くなった。同期間、ストレス認知率も男子生徒(36.0%→30.8%)と女子生徒(47.0%→44.2%)ともに下がった。チ・ヨンミ疾病管理庁長は「2023年に新型コロナの危機段階が下方修正されて日常を回復し、青少年の身体活動と精神健康指標は1年前より良くなった」と述べた。
 ただ、新型コロナの時期に警戒心が高まった個人衛生管理にはさらに気を使わなければならないという指摘だ。外出後、自宅に帰って石鹸で手を洗う中学・高校生は1年間で2.3ポイント(2022年84.4%→2023年82.1%)減少した。学校で昼食後、毎回またはほとんど歯を磨く男子生徒は昨年18.7%で、3年間10人中2人に満たない。女子生徒は34.9%だった。


韓国人「サムスンに『謝罪と賠償』を求める!」

コメント

非公開コメント

プロフィール

후쿠자와-福泽-福沢

日本や隣国の情勢を日記に書きとめています。