fc2ブログ

韓国 産業遺産情報センター、「朝鮮人差別はなかった」と歪曲した展示物を追加

信じていたのに20230921
[社説]強制動員歪曲がさらに増した「軍艦島」展示、同調するばかりの韓国政府
登録:2023-09-20 19:34 修正:2023-09-21 09:08
 日本が軍艦島(端島炭鉱)における朝鮮人強制動員の歴史を消さんとする歪曲がさらに巧妙になった。2015年のユネスコ世界遺産登録当時、日本政府が国際社会とした約束は死文化している。強制動員「第三者弁済案」で日本の責任を全て免除した尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権は、日本の「誠意ある措置」だけを待ちながら同調している。
 ハンギョレ特派員が20日、東京の新宿にある産業遺産情報センターを訪ね、「朝鮮人に対する差別はなかった」という展示内容が多数追加されたことを確認した。「軍艦島」をはじめ世界遺産に登載された日本の近代産業施設23カ所とは関係のない造船所のある朝鮮人労働者の月給袋を展示し、「朝鮮人労働者の待遇は良かった」と見せかけた。朝鮮人強制動員と苛酷な労働環境、差別を知らせる内容はほとんどない一方で、「朝鮮人に対する差別はなかった」という証言は最も目立つところに大きく展示されている。朝鮮人強制動員と関連して追加された内容は、2015年ユネスコ世界遺産委員会の会議で日本の代表が「韓国人強制労役」を認め「犠牲者を記憶する措置をとる」と約束した英語発言の映像をQRコードを通じて見ることができる程度だ。
 日本はこのような部分を強調し、ユネスコ委員に向けて見た目を取り繕い、ユネスコ世界遺産委員会は15日、日本のこのような対応を一定部分肯定的に評価し、「約束を継続して履行する」よう促す決議を出した。前回の会議では、朝鮮人強制動員に対する説明不足などを指摘し、日本に異例の「強い遺憾」を表明したが、今回は日本に対する批判の水位が大幅に低くなった。
 日本の「歴史歪曲」ははるかに巧妙になり深刻化したが、ユネスコが日本の措置をむしろ肯定的に評価したのは、尹錫悦政権が進めた韓日関係改善が重要な要因になったと日本メディアも報道している。尹政権は、韓日関係改善を名目に韓国最高裁(大法院)で勝訴した強制動員被害者の意志を無視し、日本の加害企業の債務を韓国政府傘下の財団が代わりに賠償する「第三者弁済案」で日本に免罪符を与えた。そのうえで日本政府の「誠意ある呼応」を促すと述べた。尹政権が日本の歴史歪曲に沈黙し同調する間に、日本は「軍艦島」に続き朝鮮人1500人余りが強制動員され苛酷な労働に苦しめられた佐渡鉱山の世界遺産登載を推し進めている。尹政府が叫んだ日本の「誠意ある呼応」は、一体どこにあるのか。
(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
https://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/1109388.html
韓国語原文入力:2023-09-2018:35

[ルポ]産業遺産情報センター、「朝鮮人差別はなかった」と歪曲した展示物を追加
登録:2023-09-21 11:27 修正:2023-09-21 13:46
  東京の「産業遺産情報センター」に行ってみると 
  むしろ改悪…関係ない事業所の給与の資料で「朝鮮人の待遇は良かった」
 20日午前、東京都新宿区の総務省第2庁舎別館1階を訪れた。ここには、日本政府が2015年に軍艦島(端島)などの日本の近代産業施設を世界遺産に登録し、施設に関する「すべての歴史」を記憶すると約束した後に作った産業遺産情報センターがある。日本政府の立場としては広く広報しなければならない施設だが、なぜかこの3年以上、事前予約制を取り、内部の写真は全く撮れないなど閉鎖的な運営方針を維持している。
 この「閉鎖的な施設」に再び関心が集中したのは、ユネスコ世界遺産委員会(以下委員会)が14日、軍艦島に関して日本政府が取らなければならない「後続措置」についての決議文で、2年前に日本に対し批判した文言の多くを削除したためだ。委員会はこのような決定を下すなかで、センター内の一部の展示内容が変わったという点を挙げた。ハンギョレは展示内容がどのように変わったのかを確認するために20日午前、センターを訪れた。
 産業遺産情報センター(面積1078平方メートル)は大きく3つの展示ゾーンに分かれている。明治日本の産業革命遺産の概要(ゾーン1)と産業化の様子(ゾーン2)の展示を過ぎると、韓日が8年間にわたり対立している軍艦島に関連するコーナーに至る。
 委員会は決議文で、センターを訪れた人がQRコードを通じて世界遺産登録の過程で韓日の政府代表が発した発言を確認できるようになったことを肯定的に評価した。実際にQRコードをスキャンしてみると、2015年7月、端島などの世界遺産登録が決定された委員会会議の場面の動画につながった。日本代表の佐藤地(さとうくに)駐ユネスコ日本大使と韓国代表のチェ・ジョンムン・ユネスコ協力代表の発言が続いて現れる。佐藤大使は「1940年代、一部の施設で多くの朝鮮人やその他の国民が自分の意思に反して動員され、過酷な条件で強制的に労働した。日本は情報センターの設立など犠牲者を悼むための適切な措置を取る」と約束した。ただし、映像には日本語字幕がなく英語の発言だけであり、訪問者がどれだけこれを理解できるか、疑問に思った。
 QRコードのすぐそばに新しく設置された「犠牲者を記憶にとどめる」というテレビモニター展示も、ユネスコが認めた部分だ。端島炭鉱が作成した「保安月報」と「保安日誌」をもとに、1941年11月から1944年11月まで落盤事故などで日本人25人、朝鮮人15人、その他4人など44人が死亡したという記録を示している。当時の炭鉱の危険な労働環境に言及し、日本人も朝鮮人も違いはなかったということを強調した展示だ。日本政府は「自分の意思に反して過酷な条件で労役した朝鮮人犠牲者を悼むための適切な措置」を約束したが、これは「炭鉱労働で死亡したすべての人」に変わった。
 むしろ「朝鮮人に対する差別はなかった」と歴史を歪曲した展示が追加されたことが確認できた。兵庫県の播磨造船所で1941~1945年の間に働いた朝鮮人徴用労働者キム・テジョの給料袋の一部と月給の資料だ。キムさんの場合、最も給与が多かった1945年4月、実受領額として214円を受け取っており、当時の日本高等文官試験に合格した若い官僚の基本給は75~100円だったという内容が書かれている。朝鮮人徴用労働者の待遇が日本のエリート公務員くらい良かったという意味だ。この内容がどれほど「実体的真実」を含んでいるのかも検証が必要だが、そもそも播磨造船所は、世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の23施設に含まれていない。関係のない事業所の月給袋を持ってきて「労働条件が良かった」と主張しているということだ。
 展示館を隅々まで見て回ったが、朝鮮人強制動員、過酷な労働環境、厳しい差別など、強制動員被害者が軍艦島で体験した残酷な歴史的事実を伝える内容はほとんどなかった。これを否定するような展示物は、依然として一番目につくところに大きく展示されていた。「端島島民の会」の松本栄名誉会長の「朝鮮人に対する差別はなかった。結束がかなり強かった」という発言や、在日同胞2世の鈴木文雄さんの「(端島にいた頃に)可愛がられた」という証言などだ。
 佐藤大使の発言を批判する内容も目についた。「軍艦島は私たちの故郷」という展示物では、2015年の佐藤大使の発言について「正確に反論しようとする日本政府の努力が足りなかった」と指摘している。
 展示内容が改悪されたにもかかわらず、ユネスコが日本の努力を肯定的に評価したのは、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が歴史問題などのセンシティブな事案に対し「一方的譲歩」の基調を維持し、日本の歴史歪曲を是正する外交的努力をしていないからだ。文在寅政権時代は、外交部だけでなく文化体育観光部までもが、強硬な姿勢で日本の態度の変化を引き出そうと努力した。韓国政府が手をこまねいている間、日本は今年1月と8月にユネスコ関係者を二度にわたり東京に招待し、日本の努力を積極的に説明した。ユネスコ関係者は今回の決議について、NHKに「最近の日韓関係の改善が、今回の決議の実現を後押しした」と述べた。
 日本側は展示内容の変更などについて、韓国側と緊密に協議しなかったという。ぼんやりと傍観していて何の対策もなくやられたということだ。外交部の当局者は「日本側は約束を履行するために動き出した。今後(朝鮮人)強制労働の証言などが盛り込まれるよう要求していく」と述べた。
東京/キム・ソヨン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)
https://www.hani.co.kr/arti/international/japan/1109435.html
韓国語原文入力:2023-09-20 08:49


日本人は「バカ正直」なので、朝鮮人を強制労働させたという証拠があれば

それを展示していたと思いますが、本当にそのような証拠がなかったのでしょう。


韓国人は反日教育のため虚偽の情報で国民を扇動しており、

幼少期から捏造した歴史を子供たちに教え、反日精神を養っています。

そんな教育を受けて育った韓国人にとって、

真実は受け入れられないでしょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

후쿠자와-福泽-福沢

日本や隣国の情勢を日記に書きとめています。