fc2ブログ

 野村哲郎農林水産相 「汚染水」と発言し岸田総理から叱責

野村哲郎20230901
農林水産長官、「汚染水」と発言、首相の叱責で発言撤回
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.01 08:162 
 野村哲郎農林水産相が31日、記者団に対し、福島第1原子力発電所の「汚染水」と発言したことで岸田文雄首相の叱責を受けた。
 共同通信の報道によると31日、野村農林水産相は首相官邸で岸田首相と会議を行った後、会議の内容を質問した記者団に「汚染水のその後の評価などについて情報を交換した」と答えた。
 これについて岸田首相は「遺憾」とし、全面的な謝罪と発言撤回を指示した。
 これに伴い、野村農林水産相は農林水産省を通じて「失言だった」と説明し「福島県の皆様をはじめ、関係者の皆様に不快な思いをさせ、申し訳ない」と謝罪した。
 日本政府は福島第1原発から出た汚染水について、常に「処理水」という表現を使ってきた。多核種除去設備(ALPS)で放射性核種を除去した状態で保管および処理して海に送り出すため「処理水(treated water)」が正しいというのが日本の立場だ。
 しかし、中国、ロシア、北朝鮮、一部太平洋島嶼国などでは「汚染水(Contaminated Water)」という表現を使用しており、中国では「核汚染水」とさらに否定的な用語を使用している。

「無能で無神経で無責任」と呼ばれた野村農水相、今度は処理水を「汚染水」と発言し首相の逆鱗にふれる
社会・政治 投稿日:2023.08.31 20:42FLASH編集部
 8月31日午後、風評被害が深刻な福島の漁業関係者への対応を協議するため、首相官邸を訪れた野村哲郎農林水産大臣が、記者団とのやり取りの中で「処理水」を「汚染水」と発言。岸田文雄首相が激怒している。
「ぶら下がり会見で、記者団から問われた岸田首相は『ご指摘の(野村大臣の)発言については遺憾なことであり、野村大臣に対して全面的に謝罪するとともに、撤回するよう指示を出したところであります』と述べました。首相の素早い対応にも驚きましたが、激しく強い口調に怒りの大きさがうかがえました」(政治担当記者)
 野村大臣は8月25日、閣議後記者会見で、中国が日本産水産物を全面的に輸入停止すると表明したことについて、『たいへん驚いた。まったく想定していなかった』と発言。所管大臣とは思えない他人事のような物言いで、周囲をあぜんとさせた“前科”がある。このとき、SNSでは《岸田文雄が任命した岸田内閣閣僚も、どいつもこいつもホントに無能で無神経で無責任だな…》と、野村大臣を批判する声が多く集まっていた。
「今回で2度めとなる失言に、岸田首相の怒りは最高潮に達しています。とはいっても、野村大臣を任命したのは岸田首相なんですが……」(前出・政治担当記者)
 処理水の海洋放出と、その国際社会への理解に向けて、政府をあげて対応している最中の「失言」。ネットでは《単純だけど大事な言葉を大臣が間違えるなんてありえません》《更迭で良い 謝罪のあと直ぐ更迭で願います》《絶対に間違えてはいけない言葉。 謝罪や撤回では、示しが付かない》など、驚きと怒りの書き込みが殺到していた。
 頭の片隅に残っていなければ、このような言い間違いは飛び出さなかったはずだ。「適材適所」が、この結果とは……。
( SmartFLASH )

「無能で無神経で無責任」中国の水産物禁輸「まったく想定していなかった」野村農相の発言に集まる驚き
社会・政治 投稿日:2023.08.26 15:24FLASH編集部
 8月25日、野村哲郎農相は閣議後記者会見で、中国が日本産水産物を全面的に輸入停止すると表明したことについて、「たいへん驚いた。まったく想定していなかった」と述べた。「日本からの食品輸入規制を緩和・撤廃する国際的な動きに逆行するもので、極めて遺憾だ」と述べ、即時撤廃を申し入れたことを明らかにした。
 中国政府はこれまで、東京や福島を含む10都県産の食品を輸入停止(新潟県産の精米は除く)していたため、「10都県は対象になるのかなと思っていた。どのぐらい拡大していくかは、まったく想定していなかった。われわれも一昨日の中国の発表で驚いているところだ」と述べた。
 中国への水産物の輸出は2022年、国・地域別1位の871億円で、全体の約22%を占める。品目別では、ホタテ貝が467億円、なまこ(調製)が79億円、かつお・まぐろ類が40億円となっている。
 野村氏は、日本政府が農林水産物・食品の2030年の年間輸出額5兆円達成を目指していることについては「全体の輸出が減少することは、間違いなく避けられない」と述べた。
 また、対策として、「海外でのプロモーションや商談会の開催、新たな輸出先の開拓等」をあげ、「中国が輸入を禁止した分を、どこに振り向けていくのか政府全体でも検討していく」と述べた。
 タレントのフィフィは8月25日、自身のX(旧Twitter)にこう書きこんだ。
《お花畑ですよね。中国は今や日本の敵国のスタンスです。日本が半導体の輸出規制もしている中でこうした嫌がらせをされる事も想定できないんですかね。台湾有事への危機が高まればもっと増えますよ。だから中国依存型経済からの脱却なんです!》
 ジャーナリストの江川紹子氏も同日、自身のXにこう書きこんだ。
《ということは、何の準備もしてないのでしょう。こういうことを、記者会見であっけらかんと公言しちゃうのにも驚きです》
 野村氏はラ・サール高校を卒業後、JA鹿児島県中央会で35年間務めたのち、参院議員に。自民党の農林部会長、農林水産政務官などを歴任した農水族議員だ。2022年8月の内閣改造で、78歳にして初入閣を果たした。
 4月には、岸田文雄首相が花粉症対策の関係閣僚会議を開く考えを示したことについて、「農水省としてはまったく『知らぬ存ぜぬ』でびっくりした。総理がおっしゃった以上はやらなきゃいけない」と述べたこともある。
 だが、中国が日本産水産物を全面的に輸入停止するのを「まったく想定していなかった」と発言されてはたまらない。
 SNSでは、野村氏の発言に対し、批判的な声が多く上がっている。
《こうした発言そのものが安全保障上のリスクなんですが》
《おいおい想定範囲内では無いのか。こうしたリスクは事前に洗い出しをしておいて対応策を準備しておくもの。昨日から与野党政治家の発言を見聞きしていると、あまりに危機管理レベルの低さに失望するばかり》
《この程度の予想も出来ないような人間を、大臣のポストに置かざるを得ないほど、岸田内閣は人材不足だということ》
《岸田文雄が任命した岸田内閣閣僚も、どいつもこいつもホントに無能で無神経で無責任だな…》
 871億円にのぼる水産物の輸出先を、日本は見つけることができるだろうか。
( SmartFLASH )


おボケ老人を大臣に指名した岸田総理の人選ミスだと思います。

現状、岸田内閣だけでなく自民党の支持率も下がっている中、

火に油を注ぎ続けるような失言で保守系の自民党支持者はますます離反するでしょう。

岸田総理は息子もおバカならご自身が指名した農水大臣もおボケで

マスコミの政府叩きネタを放出し続けていますから

衆議院の解散総選挙などとてもできないような状況になっています。

松川るい議員のたけのこニョッキ旅行といい、自民党はもうだめですね(呆)

コメント

非公開コメント

プロフィール

후쿠자와-福泽-福沢

日本や隣国の情勢を日記に書きとめています。